数量限定での公開です。お受け取りは下記よりお早めにお願い致します。

BOOSTはこのような方にオススメです!

1つでもチェックが付いた人にはBOOSTをオススメいたします!

なぜ今、資産運用が必要なのか?

退職金だけで、老後の生活を送るのは無理!

厚生労働省のデータによると、企業の退職金は、年に約2.4%ずつ減少しています。このペースが続くと、いま40歳前後の方が定年を迎える頃には、退職金は平均1,000万円を切ります。

退職金が出ればまだいいですが、最近では、退職金の制度自体がないという会社も増えていますし、この不況ではまさかあの会社が?という会社の倒産や業績悪化も珍しい話ではなく、早い段階からお金の不安について向き合う必要がある時代になりました。

さらには年金の受給水準も日本の人口低下を考えれば下がると考えて間違いないでしょう。

私たちが将来豊かに暮らすためには、今この瞬間から資産運用をするなどして、将来に備えておくことが大事だと言えます。

退職金の推移

※厚生労働省「就労条件総合調査」(平成20・25・30年)をもとに当社作成


預金だけで資産を十分に増やすことはできない

かつては、金利が高かったので、銀行に預金するだけでお金が増えていきました。しかしここ20年以上、日本の預金金利はほぼゼロ。預金だけで資産を十分に増やすことは難しいと言えます。

定期預金金利の推移(預金額300万円以上1,000万円未満、期間1年間)

※日本銀行「定期預金の預入期間別平均金利」を基に当社作成(平成30年5月)


資産運用をするとどうなるのか?

資産運用をした場合をしない場合のシュミレーションがあります。

35歳で余裕資金が300万円ある人が、この300万円に加えて、65歳までの30年間、毎月3万円を積み立てていくとします。資産運用をしなかった場合、65歳に退職する時点で資産は1,380万円ですが、年利3%で資産運用ができた場合、資産は2,441万円です。

つまり、資産運用をするかしないかで、1,000万円以上の差がついてしまうんです。退職後も運用を続けながら少しずつ取り崩していくので、資産の減り方も緩やかなのも特筆すべき点でしょう。

30年間の資産額のシミュレーション

※35歳の時点で300万円の資産を保有し、65歳までの30年間、毎月3万円を積み立てながら年利3%で資産運用できた場合と、資産運用しなかった場合(年利0%)の比較。当社にて試算

あなたも今から始められる資産運用があります。

日本はお金の勉強が非常に遅れている国です。それは日本がこれまで豊かな国だったからなのかもしれません。銀行に入れておくだけで、お金が増えるなら、お金の勉強をする必要はありませんよね。

しかし、今日本は資産運用が必要な時代となりました。

1日でも早く本業以外の収入を確保することが必要不可欠です。

今回のプロジェクトは、昨今の悲観的な状況を鑑みて立ち上げたプロジェクトです。

さあ、私たちと一緒にこの時代を戦っていきませんか!

確認はこちらから

数量限定での公開です。お受け取りはお早めにお願い致します。

10億円トレーダー 中村について

Profile

父は大手証券マン。小さい頃からお金の大切さを教えられて育ってきたため、学生時代は周りとの価値観の違いに悩む。大学卒業後、出版社に就職するが、アルバイトで貯金した300万円を元手にスタートしたトレードが軌道に乗るとすぐに退職。
その後は、人を幸せにするためにお金を稼ぐ、という理念のもと投資だけでなく、数々の社会活動を行う。

BOOSTを受け取るまでの3ステップ

資産10億円越えトレーダー中村よる最新資産運用メソッド

確認はこちらから

数量限定での公開です。お受け取りはお早めにお願い致します。



免責事項
無料メールマガジンは、弊社に関するご案内の他、投資一般等に関する情報の提供を目的としたものであり、有価証券の購入、保有または売却について助言または勧奨するものではありません。 また、無料メールマガジンに含まれる情報は、投資助言を目的としたものではありません。そのため、当無料メールマガジンは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供しません。 また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告も行いません。 なお、無料メールマガジンに記載された有価証券または投資戦略は、すべての投資家にとって適切なものであるとは限りません。 投資を行われる際は、関係書類等をご覧になり、またお客様の投資目的、財産の状況および税務上の取扱いを検討した上で、ご自身の判断で行うようお願い致します。

投資に係るリスクおよび手数料について
無料メールマガジンでご紹介する情報は、利益が出ることを保証するものではありません。投資は価格変動リスクを伴い、また元本を上回る取引を行うことがありますので、場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。投資商品によっては取引業者の売買手数料がかかるものもございます。

サービスの案内
サービス内容:無料メルマガ「メルマガ講座」
料金:無料
提供方法:メール、LINE(不定期)
提供内容:メール、LINEにてご案内。PC、スマートフォン、タブレットなどの端末でご視聴いただけるオンライン講座を提供。一切の有料コンテンツの販売はございません。
有料サービス:なし